従業員日記

2023.9.22

サンフレッチェ広島 VS ヴィッセル神戸戦!!(J1リーグ戦) PartⅠ

約5ヵ月ぶりの「サンフレ観戦」日記です。

 

この5カ月の間、いろいろなことがありました。

 

「満田 誠」選手がケガにより5月から長期離脱、7月には体調不良者の続出(「ミヒャエル・スキッべ」監督も戦線を離脱)、「森島 司」選手の移籍・・・

満田選手の離脱後、ホームゲームではなんとか勝利していたものの、6月中旬からリーグ戦で6戦連続で勝利なし(引き分け2つ含む)。

ルヴァンカップはグループリーグ敗退、天皇杯は2回戦で栃木SCにジャイアントキリングを許す結果となりました・・・

 

今シーズンはどうなっていくのか、、、先が見えない中で、セレッソ大阪に在籍していた「加藤 陸次樹(かとう むつき)」選手が、7月に完全移籍加入(サンフレッチェ広島ユース出身)!

そして、8月には横浜F・マリノスから「マルコス・ジュニオール」選手が完全移籍!!さらには、満田選手の復帰で希望の光が見えてきました!!!

 

ここから快進撃!!

直近の4試合で3勝1分け、また2試合連続で完封勝利(クリーンシート)!!!守備陣は安定してきています。

勝利した試合は複数得点で攻撃陣にも厚みが出て、移籍加入選手と復帰してきた選手、試合に出続けていた選手の融合は思った以上の結果となって勝ち点を積み重ねてきました。

 

サンフレッチェ広島は好調を維持したまま、ホームにJ1リーグで現在首位の「ヴィッセル神戸」を迎え撃つことになりました。

ヴィッセル神戸は、大迫勇也選手や武藤嘉紀選手といった強力な攻撃陣と、山口蛍選手や酒井高徳選手など中盤から堅守を誇る守備陣がいる、リーグ屈指のチームです(得点がとても多く、失点が少ない理想的なチームです)。

 

この試合前までの勝ち点差は「11」。ここで勝てば「8」差、負ければ「14」差と、上位進出、ひいては優勝への望みを残す大きな分岐点です。

 

ということで、観戦した様子をレポートしたいと思います!

 

今回もエディオンスタジアム広島で開催。

今日を入れて後4試合の開催です。少し感慨深くなってしまいますね、、、

 

 

バルーン風船のサンチェくん、子供たちが楽し気に遊んでいました。(*^^*)

 

 

チケットには、我らが「東 俊希」選手が!今日も活躍を期待しています♪

 

 

ありがとう、エディオンスタジアム広島。(≧▽≦)

 

 

今日も「フリーエム」をPRしてくれています。ありがとうございます。(*´ω`*)

 

 

矢を射るポーズの東選手。ゴールに突き刺してほしいですね!!

 

 

今回は、サンフレビールで喉を潤します。ブリーベリー味でしょうか?!甘さもあって、カクテルみたいなビールでした。

試合開始前のひととき、観戦に備えてしっかり水分補給?!です。(;^ω^)

 

 

東選手の紹介、今日はベンチスタートです。

 

 

そして、今日は「野津田 岳人」選手のJ1リーグ通算200試合の出場達成の記念でもあります。

 

 

J1リーグで200試合出場。素晴らしい記録ですね。(*^_^*)

 

 

記念セレモニーが行われました。

野津田選手、おめでとうございます!奥様とお子様も駆けつけられて、花束贈呈なども行われました。

 

 

試合前の集合撮影も終わり、各選手がピッチに散らばっていきます。いよいよ大一番の始まりです!!

 

 

19時03分にキックオフ!サンフレッチェ広島ボールでのスタートです。

 

 

前半開始早々から、ヴィッセル神戸のゴール前までボールを運ぶサンフレッチェ広島。

サイドを使った展開から、ゴール前に供給するとシュートまで持っていける状況。リズムよく攻撃を仕掛けます。

 

主導権を握ったサンフレッチェ広島はサイド攻撃を繰り返し、前半7分、早くもチャンスが訪れます。

右サイドに張っていた「中野 就斗」選手が縦に仕掛けて、素早くセンタリング。

ゴール前を流れてきたボールは、待ち構えていた左サイドの「志知 孝明」選手が、胸トラップからの左足ボレー一閃!!

 

GOOOAAAL!!!!!

 

ゴールの右ネットを揺らす、豪快なボレーシュートでした!

 

 

 

志知選手のもとに、選手が駆け付けます。(^o^)/

 

 

前半7分でのゴールに、サポーターも大喜びです。(*^^)v

 

 

志知選手は、サンフレッチェ広島に移籍後の初ゴールとなりました!

志知選手、おめでとうございます!

 

続けざまにチャンスが続くサンフレッチェ広島。

右コーナーキックから、高い打点で「荒木 隼人」選手がヘディングシュートを放つも、相手ゴールキーパーのビッグセーブでゴールならず。惜しい!!

 

サンフレッチェ広島は中盤のプレスがよく効いて、ボールを奪った後は逆サイドへの展開も早く、ショートカウンター気味に仕掛けていきます。

ヴィッセル神戸のディフェンス陣が下がったところで、後方から上がってきた選手にパスをつなぎ、チャンスを演出する時間が続きます。

 

一方のヴィッセル神戸は、縦へのロングパスが目立ち、大迫選手を起点に打開しようとしますが、マンツーマンでマークしている荒木選手がしっかり競り合っています。

さすが大迫選手、というプレーも見受けられますが、荒木選手も懸命にディフェンスをしてチャンスを作らせません。3バックの「佐々木 翔」選手や「塩谷 司」選手とともに、ヴィッセル神戸のオフェンス陣の攻撃の芽をことごとく潰していきます。

 

ヴィッセル神戸の大迫選手が前線からプレスをかけて、ゴールキーパの「大迫 敬介」選手に迫りますが、冷静に華麗なフェイントで翻弄すると、スタジアムからどよめきと拍手が沸き上がります。

 

早い段階で先制したサンフレッチェ広島ですが、その後は膠着状態が続き、中盤やロングボールからのセカンドボールの奪い合いが続きます。

 

そうした中、中盤で奪ったボールが右サイドの中野選手に渡ります。

右サイドをドリブルで駆け上がり、ペナルティアエリア付近まで進むと、フリーになっている「満田 誠」選手が上がってきたのでバックパス。

ワントラップ後に右足で蹴り上げたボールは、待ち構えていた加藤選手へドンピシャリ!鋭く叩きつけるヘディングシュートをゴールマウスへ!!

 

GOOOAAAL!!!!!

 

2点目が入りました!!!

満田選手のコントロールされたボールは、わずかにカーブを描き、加藤選手への見事なラストパスでした。

 

 

 

お手本のようなヘディングシュートで、前半31分に右サイドネットを揺らした加藤選手です。ヽ(^o^)丿

 

 

その後もゴール前まで持ち込んでは、バイタルエリア付近からの満田選手の強烈なシュートなど、ヴィッセル神戸のディフェンス陣を翻弄します。

終了間際に、自陣でファウルがあり、ゴール正面のバイタルエリア付近からのフリーキックを与えてしまいました。

前半は是が非でも「2-0」で折り返したいサンフレッチェ広島、多くの壁を作ってヴィッセル神戸の攻撃に備えます。

 

大迫選手が直接ゴールマウスを狙ったフリーキックは、サンフレッチェ広島の壁(佐々木選手)が防ぎ、コーナーキック。

コーナーキックも無難にクリアして、前半が終了となりました。

 

 

 

シチ、カトウの得点、2-0。ヴィッセル神戸(首位)相手に出来過ぎの前半でしたね。(*^^)v

 

 

ハーフタイム時には、サンフレッチェ広島に在籍されたレジェンドOBである「イワン・ハシェック」さんが来場されて、トークをしてくださいました。

 

 

久しぶりに拝見して、懐かしく感じました。(*´ω`*)

 

 

今回は長くなりましたので、前半までのゲーム状況をお伝えしました。

後半・ゲーム結果は、近日中にお伝えします!!

  • 特定非営利活動特定非営利活動(NPO)法人 キャリアプロジェクト広島